発想を身につける

柔軟な発想が求められる

中学受験に出題される問題は独特の解放と考え方が求められるので、保護者では対処する事が難しくなります。中学受験ではテクニックが必要になるので、中学受験を専門に指導している学習塾などに通塾してアドバイスを求めることが成功の鍵になります。算数では、公式に当てはめて考えることよりも柔軟な発想で問題を解くことが求められます。学校では習っていないような解き方で答えを導き出す必要があるので、このことが多くの受験生を苦しめています。応用力が高い子供であれば問題なく対処できますが、大半の子供たちにとっては解き方の種類を覚えて答えを導き出すというプロセスが主流になります。論理的な説明も求められるようになるので、大学入試よりも難しいと言われている学校もあります。

論理的な説明が求められる

中学受験では論理的な説明が求められるますが、人生経験の浅い子供たちにとっては大きなプレッシャーになります。国語の問題では大学入試のセンター試験レベルの問題文が出題されることは珍しくありません。高校の世界史で習うような歴史についての文章を読み解かなければならないということもあります。文章についての知識を持ち合わせていない状況で、問題に取り組まなければなりません。このような場合にも解答をスムーズに行うためのテクニックが必要になります。また、記述問題も多用されるのが中学受験の特徴になるので、内容を要約して出題者に伝える必要があります。限られた時間の中で要点を絞らなければならないのでセンター試験よりも難しいと言われているのです。